またできてる!ニキビが頬にできる原因10個

笑顔が綺麗なロシア人

こんにちは!resukeです。

またニキビができてる…食生活、睡眠にも気を使ってるのに何故できるの?と疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。

ニキビは皮膚疾患の一つで尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)とも呼ばれます。「青春のシンボル」?!とまでいわれ、やはり最もできやすいのが思春期ですが、年齢に関係なくできることがあります。一つできただけでも気分が落ち込みますよね。そんなニキビの原因を紹介したいと思います!

洗顔不足、洗顔不良

古い角質が残っていたり、メイク類などの汚れにより毛穴をふさぎ、皮脂が詰まることで起こります。

ここで大切なのが洗顔料と洗い方です。しっかりと汚れの取れる洗顔料を選び、かつ、肌に刺激を与えることなく洗うことがポイント。ゴシゴシこすった洗顔は逆効果!

古い角質メイクの汚れが毛穴を塞いでいる

ゴシゴシ洗顔は逆効果!

糖分・脂肪分の摂り過ぎ

実は口から入るものからも影響があります。糖分が多く含まれたものや揚げ物なんかを多く摂取することで皮脂の質が悪くなり毛穴に詰まりやすくなることがあります。スナック菓子や菓子パンも要注意!

皮脂の質が悪くなり、毛穴が詰まりやすくなる

揚げ物、スナック菓子、菓子パン、食べ過ぎ注意!

髪の毛や寝具類の汚れによる刺激

これらの汚れが顔に触れることで細菌が繁殖し、悪化することも。

まくら、シーツ、掛け布団など定期的に洗濯していますか?常に肌が触れるところは清潔に保ちましょう。

細菌が増殖し、ニキビが悪化する

寝具はこまめに洗濯する(週1〜)

便秘

便秘の場合、腸内のバランスが乱れ、有害物質が発生するそうです。

睡眠不足

睡眠が短かったり、質が悪いと肌のターンオーバーが乱れ、皮脂詰まりを起こしやすくなります。

体質で肌が荒れない方もいますが、睡眠は非常に大切です。深い睡眠でしっかりと日頃の疲れをとりましょう!

肌のターンオーバーが乱れる

22時〜2時は肌のゴールデンタイム!

胃腸障害

消化不良や下痢などによっても影響があります。胃腸の調子が良くないと皮脂を多く分泌する原因にも。

肌に合わないお手入れ

合わない化粧品を使用したり、肌に刺激のあるお手入れをしていませんか?

気になって、細菌のついた手で多く患部に触れてしまうと逆にニキビを作ってしまうことも。

手で顔に触れる癖のある方は要注意!

肌に合わない化粧品はNG

汚れた手で肌を触らない!

ホルモンバランスの乱れ

女性は一ヶ月の間でも生理周期によりお肌の状態が絶えず変化しています。特に生理前になると黄体ホルモンが優位になり、ニキビのできやすい環境になります。

同時にくすみやすくなったり、血行不良などを引き起こします。

さらにストレスがかかることでホルモンバランスが乱れると、肌に影響を与えてしまいやすくなります。

自律神経失調症

自律神経の緊張による過剰な汗や皮脂分泌によりニキビをつくってしまうことも。

ステロイド剤の長期使用

ステロイド剤を長期にわたり連用していると副作用として皮脂が多く分泌しやすくなります。

同時に副作用として皮膚を薄くしてしまうこともある為、長期の使用には注意が必要です。あまりにも症状が引かない場合は、皮膚科の先生に相談しましょう。

副作用で皮脂が増加する

長期の使用は医師の指示に従う

まとめ

いかがでしたでしょうか?これらのポイントに気をつけることで、厄介なニキビを防ぐことができます。

ニキビの原因は多岐にわたり、見解も諸説ある為、自分が実践できる範囲で行いましょう。

一番大切なのは継続することです。

記事を気に入って頂けたらシェアお願いします!

SNSでもご購読できます。

あなたにオススメ