【バイク初心者必見!】シューズの選び方とおすすめ3選!

サーキットを疾走するバイクライダー

【2019.4.6更新!】

こんにちは!resukeです。

あなたはバイクに乗る時、どんな靴を履いていますか?

特に服装にこだわらない方は、スニーカー、ブーツを履いている人が多いのではないでしょうか。

今回は、バイク用のシューズがほしい!という方に向けて、選ぶ際のポイントとオススメのシューズを紹介したいと思います!

シューズの種類

シューズの種類ですが、大きく分けて4種類あります。

バイクを乗る環境によって、シューズの選び方も変わって来るので、自分がバイクに乗るシーンに最適なシューズを選びましょう。

ライディングシューズ

ツーリング、街乗り向き

カジュアルなデザインが多い

スニーカーに近く、脱ぎ履きがしやすい

ツーリング先の徒歩移動も楽

普段履いている靴に最も近いシューズです。頻繁にスニーカーを履く方は、違和感なく使用できると思います。

カジュアルな物が多く、歩きやすいので、ツーリング先での徒歩散策にも最適です。

ライディングブーツ

ツーリング向き

防水性が高い物も有り、雨天時も安心

すね、くるぶしなどガード付きの物も有り、安全性が高い

ロングツーリングをメインに乗る方にオススメです。脱ぎ履きはしにくい反面、安全性はライディングシューズより高いので、万が一の時も安心です。

また、GORE-TEX(ゴアテックス)などを採用している物もあり、悪天候時でも、水の侵入を気にすることなく運転に集中できます。

足首の可動範囲が狭いタイプが多いので、スーパースポーツなど、攻撃的なポジションのバイクに乗っている方は、実際に試着することをオススメします。

レーシングブーツ

サーキット向き

安全性が非常に高い

防水性がある物も有り

サーキットなどのクローズドコースを走る方に適しています。足の動かす際の自由度は低いですが、安全性はピカイチです。

ツーリングでも使用可能ですが、徒歩移動の際、非常に歩きにくいので要注意です。

オフロードブーツ

舗装されてない山道などオフロード向き

飛び石や転倒から防御する為に防護性が高い

ソールの形状が荒地に適している(エンデューロタイプ)

道が整備されていない、オフロード用のブーツです。一口にオフロードブーツと言っても3種類あります。

ソールの形状が荒地に適している物、防護性が非常に高い物と複数あるので、使用環境によって選択しましょう。

モトクロスタイプ

防護性が非常に高い反面、足首が動かしづらいので歩行には向いていません。ソールはフラットな形状になっています。

エンデューロタイプ

モトクロスタイプと基本は同じですが、ソールの形状が違います。ソールが長靴の様にデコボコになっており、滑りにくい形状の為、悪路に向いています。

トライアルタイプ

モトクロスタイプほど防護性はありませんが、操作性が高く、軽量に設計されています。

シューズを選ぶ時のポイント

上記で紹介したポイントを踏まえた上で、これはほしい!と思う機能があるシューズを選びましょう。ツーリングをメインに使用する人であれば、防水加工が施してある物を選べば、急な雨でも安心です。

冬場も走りたい方は、ブーツタイプなど防風効果が高い物がおすすめです。

注意点としては、メーカーによってサイズ感がかなり違うため、スニーカーのサイズで安易に選ぶのは避けましょう。

冬場に使用したい→防風効果が高い物

急な雨でも安心→防水効果がある物

経年変化を楽しみたい→素材に本革を使用している物

安全性がほしい→くるぶしやすねにプロテクターがある物

歩きやすさもチェックしよう

メインはバイク乗車時ですが、ツーリング先の徒歩移動のことも考えて選びましょう。サンダルなどを別で持って行ってもいいですが、荷物になるのでオススメしません。泊まりツーリングならありですね。

ブーツ系は安全性、見た目ともにいいですが、徒歩移動には不向きです。

足首周りが固定されるので歩きづらい

ソールが硬い場合、つま先が曲げづらい

重さがあり、疲れる

などなど。歩行時はスニーカータイプに軍配が上がります。スニーカータイプでも足首までガードしてくれるタイプ、防水性も高いなどハイスペックな物が増えてきました。

個人的にブーツと大きく変わるところは見た目だけと思っています。笑

それぐらい最近のスニーカータイプは万能です。もちろんブーツの方が安全性は高いですよ。

バックステップのバイクは注意!


アメリカンやネイキッドであれば、気にしなくても大丈夫ですが、ステップの位置を変更している方は注意が必要です。バックステップになると足首に角度がつく為、シューズによってはシフトチェンジの際、窮屈に感じる場合があります。

海外ブランドシューズの購入を検討している方は、取り扱っているお店が少ないので、ネットショップで買う場合もあると思います。

その際は、車種、サイズ感などをお店に伝えて検討して下さい。私もICONのシューズを履いていますが、欲しいシューズについて問い合わせた所、乗っているバイクではシフトチェンジがしにくいと聞き、断念しました。

防水性はあった方がいい?

500キロ走った帰り道に、靴がビショビショなんてイヤですよね?ツーリングをメインに使用する方は、防水性必須です!

防水シューズカバーなどもありますが、耐久性、撥水力の低下、荷物になることを考えると、コスパがいい防水性シューズをオススメします。

おすすめシューズ6選!

各レビュー、私の感想を元に厳選して紹介しています。タイトルは3選ですが、いいと思ったシューズは追加していきます。

今回はツーリングメインと考えて、選んでいます。参考にどうぞ!

RSタイチ

RSS009 OutDry BOA ライディングシューズ

不動の人気を誇る、RSタイチから最新のBOAレーシングシステムを採用しているカジュアルシューズです。アウターは防水で、プロテクターも3箇所搭載しています。一見スニーカーしか見えませんが、まさにバイクシューズ。私が驚いたのは紐がダミーということ。RSタイチさすがです。

elf(エルフ)

EVOLUZIONE02【エヴォルツィオーネ02】

防水性、操作性、歩きやすさを充したすごいやつです!後ろにジッパーがついているので、着脱もしやすく、フィット感も抜群です。別売りのカバーを付けるとロングブーツにもなるので、冬場のツーリングにも対応します。

私は昔、CB1300の赤に乗っていたので、赤のエヴォルツィオーネを履いていました。

夏はカバーなし、冬はカバーを付けて乗っていました。何回か痛い雨に遭遇しましたが、靴下が濡れたことはなかったです

デザインもいいし、イチオシ!

elf(エルフ)

 Synthese(シンテーゼ) 14

またまたエルフです!各サイトのレビューも圧倒的に多く、満足度も非常に高い一足です。値段も12000円程で、防水性もピカイチ。デザインもハイカットスニーカーに近く、非常に歩きやすい印象です。バックルでのサイズ調整なので、着脱しやすく、紐がほどける心配もありません。

私の場合、ショートツーリングか、それなりの距離を歩く時はシンテーゼを履いていました。

GAERNE(ガエルネ)

VOYAGER GORE-TEX 

イタリアを代表するシューズブランドのガエルネです!カジュアルなデザインながら、プロテクターもかかと、くるぶし、つま先に装備されています。

本革スウェードを素材に採用しながら、Gore-Texを搭載しているハイスペックシューズ!ソールにエイジング加工が施されており、イタリア職人のこだわりが感じ取れます。まず、他の人と被りません。

お値段は多少高いですが、日本人向けに作られているので、サイズ感も問題ありません。

ICON(アイコン)

PATROL2 WATERPROOF BOOT

アメリカNo.1バイクブランドのICONです!値段はそこそこしますが、性能がまたすごい!TECTUFFレザーを使用しているので雨の日でも大丈夫なんです。

ICONでは独自に3段階の防水レベルを設定していますが、これは最高のレベル3。レザー見た目もよくて、雨の日でも安心のシューズです。

D3Oと呼ばれるプロテクターが内蔵されており、万が一の転倒でもしっかりと守ってくれます!通常時は柔らかく、なんとも頼りないプロテクターですが、強い衝撃がかかると瞬時に硬化するすごいやつなんです。日本のバイクメーカーではHYODが採用しています。

私が、オススメしたいポイントはBOAレーシングシステ厶ダイヤルを回すだけで自分にベストな締め具合に調整できるので、紐がほどけることもなく着脱も簡単です。

締め付ける際も均等に締め付けてくれるので、負担が少なく快適にツーリングを楽しめます。

カラーはブラックとブラウンの2色。足首の柔軟性が高いのでバックステップでも、問題なくギアチェンジできます。

Alpinestars(アルパインスターズ)

SMX6ブーツ 3017

バイク乗りなら誰もが知っている有名ブランドのアルパインスターズです!

私は普段ロングツーリングが多いのでレーシングブーツは履きませんが、こちらはデザインに惹かれ購入しました。

「履きづらそう」「硬そう」という声が聞こえてきそうですが、非常に着脱しやすく、新品でもショートツーリングですぐに馴染みました。

アッパーはマイクロファイバー製なので足首も柔軟に動かせ、シフトチェンジもスムーズに行えます!

防水性がないため長距離ツーリングには向きませんが、ショートツーリングメインの方にはオススメです。

まとめ

どうでしたか?

まだスニーカーで乗ってるよ!という方はこの機会に検討してみてはどうでしょうか?操作性、安全性もアップし、バイクに乗るのが5倍!?は楽しくなるかも知れませんよ!

それでは、安全で楽しいバイクライフを!

記事を気に入って頂けたらシェアお願いします!

SNSでもご購読できます。

あなたにオススメ