【年250日運転の私が解説】フォークリフトの仕事はきついの?

免許を取得して早、10年以上の私がフォークリフトの仕事について解説します。働きだしたころに比べれば、1日の運転時間は減りましたが、今でも年間200日は運転しています。

今から免許取得・転職を考えている人、現在リフト作業を頑張っている人の共感になど、役に立てればと思います。

フォークリフトの仕事内容は?

みなさんのイメージ通り、運搬作業です。運ぶ物は、箱型のパレット・フレキシブルコンテナ・金属製のパレット等、様々です。

具体的な作業内容は、ウイング車と呼ばれるトラックから荷物を下ろして倉庫に運んだり、出来上がった製品を他の場所に運んだり、ゴミが入った金属製のコンテナを運んだり。まとめると運ぶ!です。

例として私の経験した作業を紹介します。

20フィートコンテナ・40フィートコンテナへの積み込み、下ろし

○○運送などのトラックへの積み込み、下ろし

ウイング車への積み込み、下ろし

フレキシブルコンテナの運搬、吊り上げ

倉庫間の移動、商品が乗っているパレットの積み上げ…etc

荷物の重さは〜100Kg・500Kg〜・1000Kg〜とさまざまです。いずれにしても人間では運べない重さの荷物を運ぶのがフォークリフト作業者の仕事です。

500Kg程度であればパレットリフターで運べますが、フォークリフト使用時の作業スピードには敵いません。

フォークリフトがないと、作業ができない場面も多くあるので、スピーディかつ安全に運転できる人を会社は求めています。

フォークリフト作業はきつい!

「座っているから楽そう」「力使わないから楽そう」って思ってませんか?

答えはNO!めちゃくちゃ疲れます!「座っている時間は平均8時間」「重い紙袋などの積み下ろしがある」これが答えです。

長時間の運転はきつい!

長時間、イスに座っているとしんどくないですか?友達や家族と旅行に行く時に、車の運転を長時間したことがある人は目を瞑って、思い出してください。

腰が痛い・首が痛い・おしりが痛い、などありませんでしたか?倉庫内作業などの求人で、フォークリフトを仕事にすると1日8時間〜、残業があればそれ以上が、毎日続きます。

さらに、フォークリフトの乗り心地は最悪です。車のように、しなやかなサスペンションではないので、段差を越える時には下からの突き上げに注意です。

力作業はない?いいえ、ガッツリありますよ。

フォークリフトの仕事は「力がいる作業はない」と思われがちですが、違います。上記で説明したように、手で積み下ろしをする場面が必ずあります。

積み下ろしをしてくれる人が他にいればいいですが、このご時世、どこの会社も無駄な人員はカットしています。

腰が痛くなったり、筋肉痛になったりすることもあるので、ある程度の肉体労働は覚悟する必要があります。

私が経験した中で、1番きつかった仕事はパレットにのっている1袋10Kgの袋を、400個積み下ろししたことです。1パレット40個積まれているので、10パレット分です。これを「2人でやって」と言われた時、辞めてやろうと思いました。

フォークリフト作業はここが楽しい!

きついことばかり書いてしまいましたが、もちろん「楽しい!」「嬉しい!」こともあるので安心して下さいね。笑

運転・操作の上達が目に見えてわかる

これは本当に自分で体感することができます。車の運転と同じで、乗れば乗るほど無意識に運転・操作を行うことができます。

初めは、「このレバーなんだっけ?」「あれ?先端が逆に動いた…」など目視で確認しながら、考えながらの運転になると思います。

パレットに爪を差し込む時・運搬する時の速度・旋回等、最初は難しいですが、毎日運転することで必ず上手くなるので安心して下さい。

1ヶ月ごとに作業スピートが上がっていることを意識しながら仕事に取り組むことで、モチベーションUPにも繋がります。

周囲の人が「褒めてくれる」「認めてくれる」

運転が上手くなってくるとレバー操作・アクセルワーク・クラッチ操作など、自分で「気持ち悪いな」と思うぐらい無意識かつ、スピーディーに行えるようになります。笑

それを見て、周囲の人が褒めてくれる。「いやいや、全然ですよ」と言いながら、結構嬉しいもんです。笑

人間誰でも他人に認めてもらいたいんです。フォークリフトがうまいのも立派なスキルです。「リフト操作なら俺に任せろ」ぐらいで仕事しましょう!

辞めたいと思ったことはないか

立派なスキルになることは事実ですが、基本的に単純作業の繰り返しなのでマンネリ化に陥ります。

現在の私のように、フォークリフト以外の作業もあればいいですが、リフト作業だけだと、どうしても「なにをしているんだろう」と思うこともあります。

そりゃそうですよね。荷物を積んで、下ろして、運んでの繰り返し。運ぶ物こそ違いはありますが、同じ作業の繰り返しです。

ですが、確実に世の中の役に、会社の役に立っています!

リフトがなければ、重い荷物を移動させることができません。ピラミッド建設のように手で運ぶことになるかもしれません。なんども言いますが、立派なスキルです!

フォークリフト作業に向いている人

車の運転が好きな人

細かい作業が好きな人

継続力、忍耐力がある人

集中力がある人

単純作業が好きな人

フォークリフト作業に向いてない人

飽きやすい人(私です)

単純作業が嫌いな人

集中力がない人(事故、荷物破損に繋がる)

コミュニケーションをとりたい人(現場によるが、あまりない)

実際、私も飽き性なので7回も転職しています。笑

でもちゃんと大手の工場ですよ!派遣・期間工・バイトと色々しましたが、今は正社員です。安定して働きたい人、リフト以外の仕事もしたい人は是非、転職も視野に入れてほしい。

「他にもたくさん仕事がある」ということを知っていれば、現在の仕事も精神的に少しは楽になるはずです。需要は必ずあります。今よりいいとこも絶対あります。

工場で転職を考えているなら【工場ワークス】は登録必須。大手の正社員求人も多いですし、何より応募するライバルがまだまだ少ない。

大手求人サイトの求人数は多いですが、工場専門ではないですし、ライバルがすごく多い。平気で数100単位の応募がきます。笑

ものづくり業界のお仕事探しなら【工場WORKS】

まとめ

どうでしたか?どんな仕事でも向き・不向きがあります。単純作業で忍耐力も必要ですが、確実に自分のスキルになるので、自分が納得できるレベルまではやってみましょう。

将来、お金に困っても、年齢関係なく、リフト作業の需要は多いですよ。

記事を気に入って頂けたらシェアお願いします!

SNSでもご購読できます。

あなたにオススメ