ヒトカラは恥ずかしい?自由に歌ってストレス解消!

 

ヒトカラってご存じですか?一人カラオケ、略してヒトカラです。

僕は昔から歌うことが大好きで、学生時代は3回/週~、最高で8回/週の頻度でカラオケに通っていました。

 

音楽の趣味が合うメンバーで行うカラオケほど、気分がいいものはないですよね。
しかし、社会人となり地元を離れると、僕のカラオケライフは一変しました。そう、一緒に行ってくれる人がいないのです。

 

職場の同僚は良い人ばかりでしたが、年齢の違いや家庭を持っており自由がないなど、一緒にハードに自由にカラオケに行くには、いささかハードルがあったのです。決してハブられていたわけではありません・・・

 

ヒトカラって恥ずかしい?

結論からいいますと、一度でも行ってしまえば、次からは躊躇なく一人で行けます。

僕も最初は店員さんや他のお客さんにどう思われるだろうかと悩んだものでしたが、杞憂でした。

あやつら、僕やあなたのことなんて眼中にありません。

店員さんからすると、1人だろうと数人だろうと客は客。むしろ、以前話した店員さん曰く「掃除が楽な分、1人の方が助かる!」とおっしゃっていました。

 

そもそも、1日に何十組も受付・対応をする内の1人なんて記憶に残りませんし、もはやさほどのレアさを感じない程度に、ヒトカラは浸透しているとのことです。

 

なので、誰に恥じることもなく、初めの一歩を踏み出しましょう(クーポンの準備も忘れずに)。

 

ヒトカラのメリットって?

僕が感じているヒトカラのメリットを下記に記します。

行ったことがない人でも想像がつくことだと思いますが、体験してみると思った以上に下記のメリットが身に染みると思います。

1.好きな曲を歌える!

これは当たり前ですよね。

誰に気兼ねすることなく、自分の好きなジャンル・アーティストの曲を、いくらでも歌えます。

飲み会後に2次会カラオケの経験はみなさんおありかと思いますが、ああいった場面ですと、メンバーの年齢層やその場のノリを考慮した選曲が求められると思います。

 

大ヒットした曲や上の世代が好む曲ばかりが室内を支配し、死んだ顔で『恋するフォーチュンクッキー』を歌うことになる・・・想像するだけで胃がせりあがってきますね。ノーフォーチュンですよ。

 

その点ヒトカラですと、自分が自分のペースで、ただただ自己の満足を満たすためだけに、歌えます。

これって、今まで自由に歌ったことがない人にとっては、結構な衝撃ですよ。

2.歌わなくてもいい!

えっ?と思われるかもしれません。歌いに来ているんじゃん、と。

確かにカラオケって歌うために行くんですけども、歌い続けることって意外と疲れるんですね。

だいたい1曲あたり10㎉消費するようなんで、1曲=3分とすると、1時間で200㎉ものカロリー消費つながるわけです。

 

他人と一緒に行くときには、そこまで連続で歌うこともないとは思いますが、何となくスマホチェックしたりとかトイレに行く、休憩するとなると、歌っている人に悪い気がしますよね。

 

ヒトカラですと、そういった気遣いは無用!歌いたい時に歌えばいいし、疲れたら休めばいい。

フリータイムで入れば、漫画のない漫画喫茶と同じです。

3.ストレス解消になる!

めっちゃ怒っている人を想像してみてください。

怒鳴っているイメージが浮かびませんか?

実は怒鳴ることって、人間が本能的に備えているストレス回避行動なんです。

自分自身では抱えきれないほどのストレスを抱えたときに、怒鳴る(大声を出す)ことで、発散を試みているわけですね。

 

カラオケで歌うと気持ちがいいのは、これと同じ理屈です。

他人がいると大声で歌えない人にはなかなか実感できていないことだと思いますので、ぜひ一度ヒトカラで絶叫してみてください。

 

ストレスが溜まっていた人ほど、もうマイクを手放せなくなるはずです。

いついけばいいの?

自分の行きたい時に行けばいいに決まっているのですが、慣れていない人には混んでいる受付を1人で待つことは苦痛なはず。

セオリーとしては

・平日 開店直後

深夜

・休日 開店直後

がどのような店舗でも比較的空いていると思います。

なお、平日昼でも空いているのではと思われるかもしれませんが、ママ友リア充組やシニアリア充組で満室となっていることも多いので、ご注意ください。

まとめ

いかがだったしょうか。

ヒトカラを一回はしてみたいけど、尻込みしている人って結構いると思います。

僕の友人にもヒトカラが恥ずかしいと話していて、受付だけ一緒に済ませ、個室は別々でヒトカラを経験した途端ヒトカラにハマった友人がいます。一緒に行かないのというツッコミはなしにして、趣味の一つになりえるほどの魅力がヒトカラにはあります。

 

繰り返しになりますが、誰もあなたを気にしません。
恥ずかしいと思っていてはもったいないですよ。

 

Amazonで見る楽天で見る

 

せっかくヒトカラに行ったのに、鼻が詰まって声がでず、逆にストレスが溜まる。
そんなときには、鼻うがいをしてからヒトカラに行きましょう。
鼻つまりが改善されるだけでなく、鼻腔の乾燥も防げるため、歌いやすくなるはずです。



記事を気に入って頂けたらシェアお願いします!

SNSでもご購読できます。

あなたにオススメ