【体験を元に解説】正社員でボーナスなしの会社はヤバいのか

ボーナスなし

正社員でボーナスなしはヤバいのか

うちの会社ボーナスがないからヤバい!

とうことではありません。ボーナスがなくても業績が良く、何十年と経営している会社もたくさんあります。決してボーナスがない会社がダメということではありません。

そもそもボーナスは労働基準法で定められていないので、払う・払わないは会社の勝手なんです。

でも!7回転職しての感想。あった方が幸せです。笑

これは私の考えですが、自分の年収に納得しているならボーナスがあっても、なくてもいいと思います。

平均年収が440万

と言われている時代に平均以上あればいいと思いませんか?完全に個人的な意見ですが、「1人では家族を養っていけない時代」に平均年収あれば、大抵のことはできます。

結婚する

家を買う、車を買う

子供を育てる

ひと昔前であれば、当たり前だったことですが、今では「勝ち組」だと言う会話を良く耳にします。

【不安解消】高卒で工場勤務の人は結婚できるのか!

価値観が多様化しているので、良い・悪いではありませんが、「幸せ」と感じる基準が下がったのかなと思います。

私も生まれ変わって「極度の寂しがり屋」でなければ独身の人生を歩んでみたいと思っています。自分だけの家を作り、お金は全部趣味に使う。これもまた幸せ。

話しがそれましたが、要するに「自分は年収いくらで納得できるか」を考えてみて下さい。

その年収に達している

会社の業績が何十年も安定している

ならボーナスがなくても問題ありません。

ボーナスがない会社はなぜ「ボーナスを出さないのか」

業績が安定していない可能性がある

当たり前ですが、会社の利益に波があるとボーナスどころではありません。

今後安心して働くためにも、自分が働いている会社のことを知っておいて損はありません。

中小企業だと公開していない場合も多々ありますが、公式サイトで会社概要などをチェックしてみましょう。

売上高経常利益率

自己資本比率

流動比率

やら見た方がいい情報はたくさんありますが、難しいのでまたの機会に。笑

単純に何年間、経営しているかを調べてみましょう。公開していない会社でも、

「設立して何年目なんですか?」

と上司に聞けば教えてくれるはずです。さすがに、「いくら儲けてんの?」とは聞にくいと思うので。笑

労働組合がない

労働組合がない=会社に意見を伝えれない=会社の言いなり

になっているかもしれません。

労働者の代表として、賃金や福利厚生について会社と協議してくれるのが労働組合です。

小さい会社だと、労働組合がないので社員の意見を伝えてくれる人がいません。

社長に直接「ボーナス出して下さい」って言えませんよね?笑

個人では言いづらいことも労働組合があれば、会社と対等に意見交換が出来るという訳です。

会社を選ぶ際は、労働組合の有無も意識してみましょう。

月給に計算されている場合もあり

ボーナスがない分、月給が高めに設定されている場合があります。同業他社でボーナス有の会社と比較してみましょう。

私はボーナスが有る会社に転職しても、年収は変わらず。と悲しい経験をしたことがあるので「月給の多さ」ではなく

「年収」

で多いか、少ないかを判断するようにしましょう。

ボーナスは何ヶ月分支給が平均なのか

大阪シティ信用金庫が行った「中小企業の夏季ボーナス支給状況」の調査によると、

中小企業の平均額は26万

基本給が20万だとすると1.3ヶ月分

年間で2.6ヶ月、52万円になる計算

信用金庫の取引先企業(大阪府内)約1000社にとったアンケートなので、全国平均では上下するかもしれません。

大企業だと平均2.5ヶ月

ボーナス1回で中小企業のボーナスに匹敵

さすが大手ですね。でも月給は業界よってほんとーーーーに差があるので、基本給が安いと対して貰えません。

1回のボーナスで90万overとか意味わかりません。到達できずに定年する気しかしない。笑

そんな幸福を届けてくれるボーナスですが、どんなメリット・デメリットがあると思いますか?天才的な想像力で考えてみたので、紹介しますね!

ボーナスのメリット

急な出費に対応できる

友達の結婚式に呼ばれた!でもお金が…

バナナの木ほしいけど10万か〜

iPhoneほしいけどたっか!

というときに活躍するのがボーナスです。月給では買えないような高額商品を、思考0で購入することができます。

住宅ローンやカーローンでボーナス返済ができる

ローンをボーナス月だけ増額して返済することができます。例えば

200万の車をフルローンで購入(利息は考えない)

毎月返済のみで60回払い(5年)だと、月3.3万

ボーナス返済5万だとすると、月2.5万

その差8000円。月8000円安くなると、だいぶ楽になります。まあ結局ボーナスが減るので、なんとも言えませんが。笑

単純にハッピーになれる

ボーナス入ったー!

旅行行けるー!

美味しいもの食べよう

ボーナスが支給されると枯れ果てた想像力が、ブルンブルンに潤います。普段妄想しても叶わないことまで、叶うかもしれない。

欲望を満たしてくれるボーナスは通帳を見るだけで、笑顔になれるので不思議です。

ボーナスのデメリット

会社の業績が悪いと減る・なくなる危険

ローンにボーナス返済を組んでいると地獄をみるので注意。

転職や退職をして、ボーナスがなくなった・初年度で支給されない人でもボーナス返済はなくならないので気をつけましょう。

ボーナス返済に何十万と設定している人は、借り換えも検討した方がいいかもしれません。大手でも業績が急降下する時代なので、

ボーナスは9割貯金

と私も決めています。嘘です。外構工事に使います。

月給が少ないと使ってしまうかも

月給が少ないと、ボーナスを当てにしてしまいがちです。

ボーナスを毎月に振り分けたらなくなった

ではボーナスの意味がありません。それなら月給が高く、ボーナスがない会社でも変わりませんよね?

「ボーナスはいつなくなるかわからない」

ということを忘れずに。

求人を見る時の注意点

月給の高さに惑わされないこと

初月から月給30万!

基本給28万!他にも手当あり!

などの謳い文句に騙されないように。先ほども言いましたが、

年収で考える

ようにして下さい。

月給30万でもボーナスがないと年収360万

月給が25万でもボーナスが年間100万あれば400万

毎月の給料が多いのは魅力的ですが、一度冷静になって「年収で計算」するようにしましょう!

ボーナスの支給実績の記載があるか

平均2ヶ月支給

10年連続支給実績あり

などボーナスに関する記載があるか確認しましょう。できれば、「何ヶ月」と記載があると安心です。注意してほしいのは「平均」と言う言葉です。

会社によっては役職や位によって、支給月数が変動する場合があります。例えば

10年目 基本給25万 支給月数2ヶ月

3年目 基本給22万 支給月数1.8ヶ月

みたいな感じです。個人的には「基本給違うのに、支給月数まで違うんかよ」と思いますが私も経験があるので、求人をそのまま信用しないように!

また、10年連続と書いてあっても肝心の「金額・何ヶ月」がない場合、支給額が3万円でも文句は言えません。3万円でもボーナスはボーナスです。

言葉って難しいですよね。入社してみて「こんなはずじゃなかった!」とならないように、企業についてできるだけリサーリするようにしましょう。

ざっくり年収計算をしてみる

求人票に書いてある基本給、手当、ボーナスを元に年収を計算してみましょう。下記は私の計算の仕方なので確証はありませんが、大きくかけ離れたことはないので参考にして下さい。

募集年齢30歳まで

基本給15万〜21万

18歳から30歳までの開き幅12年

記載の基本給開き幅6万

6万÷12年=5000円(1年当たりの昇給額)

自分が25歳の場合 15万+(5千円×7年)=18万5千

ボーナス年間5ヶ月の場合 92万5千

年収 (18.5万×12)+92.5万=314.5万 (他に交代手当、家族手当など記載があればプラスする)

となります。高校時代の数学2点なので細かいことはスルーして下さい。笑

上記のように計算すれば、年収の記載がなくてもざっくり年収がわかります。

企業のリサーチは必ず

これは徹底的に行いましょう。特に参考にしてほしいのが、口コミサイトです。下記は私が使ったことのある、おすすめ口コミサイトなので参考までにどうぞ。

Vorkers 「社員による会社評価」 就職・転職クチコミ

個人的に1番参考にしていた口コミサイト。今の会社の口コミも書いて多く書いてありますが、「まさにその通り」と思う口コミも多くあります。笑

会社の評判、口コミ、年収から転職・就職情報まで分かる|カイシャの評判

enが運営する口コミサイト。派遣社員などの情報もあり、雇用形態、学歴等幅広い口コミがあります。正確性はVorkersに劣る気がしますが、サイトも見やすく使いやすいです。

他にも企業サイトの会社概要やIR(投資家向け情報)なども参考にしましょう。

ボーナスがあった方がそりゃいい

ここまで色々書いてきましたが、個人的に

「ボーナスがある方が断然ハッピー」です。

月給が安くボーナスもない会社

月給が高くボーナスがない会社

月給そこそこでボーナスが5ヶ月以上の会社

月給が安くボーナスが3ヶ月

派遣、期間工

と経験した中での意見です。この中で1番よかったのは

月給そこそこでボーナスが5ヶ月以上の会社」です。

これに該当する企業は2社経験しましたが、安定感が違います。社員の不祥事や売り上げが多少下がってもボーナスは必ず支給されました。

それに月給がそこそこじゃないと、私は使いすぎるので。笑

自分の評価が「お金」として反映されるのがボーナスです。増えれば認められたということなので、自信に繋がりますし、何よりモチベーションが上がります。

今よりいい会社に転職してボーナスUP!

転職は何回失敗してもいいんです。7回も転職しましたが、何一つ無駄なことはありませんでした。経験した全てのことが今の会社で役に立っています。

リスクばかり考えて、「今の会社で働き続ける理由」を無意識に探していませんか?

ボーナスの高い求人を探すのメッチャ楽しいですよ。これはホントに。笑

王道ですし、どこでも言っていますが、リクナビNEXTは必ず登録しましょう。

求人数が圧倒的に多い

優良企業の求人が多い

自分の強みを詳細に診断できる(グッドポイント診断)

大手企業からもスカウトがガンガンくる

色々な転職サイトを20以上登録しましたが、リクナビのスカウト率は抜群に高いです。

他のサイトは中小企業やブラック企業のスカウトが非常に多いですが、リクナビは大手優良企業からもスカウトが来ます。

グッドポイント診断も無料なので、やるべき。診断結果を企業に送信することもできます。

グッドポイント診断

18種類から自分の強みを詳細に教えてくれます。

質問に答えていくだけで、簡単に自己分析できる

会社に応募した時に強みを伝えられる

面接前の準備に使える

転職の際に強い味方になるので是非おすすめです。

転職って何をどうすればいいの?

「何をすればいいかわからない」ならリクルートエージェントに登録して、アドバイザーに相談しましょう。

求人数・実績・満足度No.1

アドバイザーのスキルが高い

ホントになんでも相談にのってくれる

私自身、転職について全くわからない状態でアドバイザーと電話で面談しました。

履歴書・職務経歴書の書き方

自分の強み

自分にあった仕事

等を教えてもらいました。複数回面談するうちに人生相談みたいな感じになり、マイナスな気分になっている時は励ましてもらい、本気で説教もされました。

転職が成功し、その会社に一定期間在籍しないとリクルートエージェントにお金が入らないので、頑張るのはわかります。笑

さすがにここまで「自分の立場に立って」アドバイスしてくれるとは思っていませんでした。アドバイザーの熱量が半端ない。

転職について1から学びたい!って人にもとてもオススメです。これだけアドバイスしてもらって無料なら使わない理由がない。

これだけ注意!
アドバイザーによっては転職させようとグイグイくるので、紹介してもらった時は1度冷静になって、しっかり考えてから判断しましょう。

まとめ

ボーナスがなくても優良な企業はたくさんあります。今の年収に不満がなく、人間関係も良いなら最高の職場です。

ぜひ、自分にとっての「幸せの基準」を考えて見て下さい。

記事を気に入って頂けたらシェアお願いします!

SNSでもご購読できます。

あなたにオススメ