【太りたい人必見】体重をすぐに増やす簡単な方法!

noritamaです。

みなさんは「体重を気にしている」と相談をしたり、されたりしたことはありませんか?

その場合、ほとんどの方は「体重が重くて(太っていて)」困っていますよね。

テレビでは「~カ月で〇〇kg減量」などの企画やCMが多く、ネット広告も「お手軽に減量」などを謳ったサプリの紹介があふれています。

それだけ、みなさんは「体重を減らす(痩せる)」ことに興味があるんですね。

一方で、「体重が軽くて(痩せていて)」困っている方もいます。

どれだけ食べても太れないし、そもそも食欲がわかない——その結果、「ガリガリ」になり、周りからはもっと食べたら?」「痩せているからいいじゃない」「『太りたい』って嫌味』?!など、「体重が重い」ことで悩んでいる人に比べて、あまり周りの理解が得られないのが「体重が軽い」人が抱える問題でもあります。

今回はあまりスポットが当たらない「体重の増やし方」について、非常に簡単ですぐに実践ができる方法を紹介します。

1.結論

Amazonで見る楽天で見る

いつも飲んでいる飲料に粉飴を溶かし摂取カロリーを増やす。以上!

では、順を追って説明していきます。

2.太らない原因

まず太らない原因ですが、理屈で考えるならば

消費カロリー > 摂取カロリー = 痩せる

摂取カロリー > 消費カロリー = 太る

ですよね。この記事を読んでいる方からすれば「今さら当たり前でしょ」とお怒りを受けるかもしれませんが、大事な前提ですので確認させていただきます。

さて、上記の前提を正しいものとすると、「太れない」人というのは 消費カロリー > 摂取カロリーとなっている人で、その内訳は

①食事量が少ない(一日の総摂取カロリーが少ない)

②食事量は人並あるいはそれ以上だが、体内に栄養が吸収されづらい

③消費カロリーが大きい(運動量や筋肉量が多いなど)

これらの3タイプに類型分けできますが、この記事を読んでいる方で ③消費カロリーが大きい ことが原因で悩んでいる人は少ないでしょう。おそらくは①あるいは②で悩まれているのではないでしょうか。

そこで次項では、①や②でお悩みの方が、実際に太ることができる方法をみていきます。

3.体重を増やす方法

さて、実際に体重を増やす方法に触れる前に、「体重 増やす」などで検索をすると出てくる方法をみてみると

PCF(たんぱく質・脂質・炭水化物の略)バランスの取れた食事を摂る

摂取カロリーをレコードする

筋トレをする(筋肉量を増やす)

などが紹介されています。

どうでしょうか。

「そんなことは分かっている!それができない(あるいはやってはいるけど効果がない)から困っているでしょ!」

と思いませんでしたか。

そうなんです。たしかに、これらの方法は間違ってはいませんし、これから紹介する方法とも併用して行うことをオススメしますが、ほとんどの方は既に実践していることなんです(ちなみに、食事量が足りていない人が筋トレをすると、筋肉量が増えるどころか、筋肉の分解が促されるだけです。摂取カロリーを見直してから行うようにしてください)。

それでは何をすればよいか。

ここで、原点に立ち返りましょう。

太るためには 摂取カロリー > 消費カロリー になればよいわけですので、単純に摂取カロリーを増やせばよいのです。「いやいや、それができないから・・・」 いえいえ、誰でも簡単に実践できる方法があるのです。

それが、粉飴を使って摂取カロリーを増やすこと です。

4.粉飴の効果

粉飴を知らない人も多い方と思いますので、ここでどのようなものか説明します。

Amazonで見る楽天で見る

粉飴とは、簡単にいうと甘みの薄い砂糖のようなものです。

粉末状になっており、水に溶けやすく、100gあたり388kcalと、100gあたり386kcalの砂糖と同程度のエネルギー量があります。「それなら砂糖でもいいのでは・・・」確かにエネルギー量だけ見ればそうなのですが、砂糖は甘みが強く多量に摂取できませんよね。一方で、粉飴は甘みが低いので、砂糖に比べて多量に摂取できる(=摂取カロリーを増やせる)わけです。

粉飴の主成分は炭水化物と水分のみで、たんぱく質や脂質は一切含まれていません。たんぱく質や脂質の摂取制限がある患者などがエネルギー源として摂取するなど、医療の現場でも用いられています。つまり、この点から 1.食事量が少ない 人に有効です。

また加齢に伴って消化吸収効率が落ちた高齢者のエネルギー源としても活用されているほど、エネルギーとして吸収される率が高いので、2.食事量は人並あるいはそれ以上だが、体内に栄養が吸収されづらい 人にも有効といえます。

さて、次に粉飴の摂取方法を紹介します。

粉飴は水に溶けやすいため、どのような飲料にも溶かして飲めます。経験上温かい飲み物の方がより溶けやすいため、白湯やコーヒー、紅茶などに溶かすのもオススメですよ。

炊飯時の水に溶かしておくことで、普段の食事量で摂取カロリーを増やすこともできます(甘みが若干増しますので、甘みが薄いお米であればよりおいしくなります)。

また、太る方法でたびたび プロテインを飲むこと が紹介されていますが、粉飴をプロテインに溶かすことで、エネルギーの吸収効率が上がるだけでなく、筋合成が促されるため、筋トレの効果が上がります

1kg = 7,200kcalと言われていますので、粉飴を一日60g = 大さじ4杯摂ることで、1カ月で1kg体重を増やせるはずです。朝食・昼食・夕食と休憩時間にそれぞれ飲み物に粉飴を溶かせば、簡単に摂取できる量ですよね。

また、粉飴は1kgで約700円です。毎日60g摂取をしても、1カ月で1,500円程度です。ネット広告で紹介されている「太るサプリ」などが1カ月で数千円かかることを考えれば、お値段的にも継続していきやすいですよね。

5.結論

いかがだったでしょうか。

方法としては非常にシンプルで、カロリーが高く吸収効率の良い安価な粉飴を摂る、ただそれだけですが、効果は抜群です。

痩せている人が体重を増やすことで

体力が増える(ex.歩くのが早くなる、階段でも疲れにくい、荷物が軽く感じる.etc)

見栄えが良くなる(ex.あばらが浮かない、胸が大きくなる、「体調」を心配されない.etc)

自分に自信がつく

など、メリットがたくさんあります。

生活に粉飴を取り入れることで、摂取カロリー > 消費カロリー を達成し、体重を増やしてみてください!

記事を気に入って頂けたらシェアお願いします!

SNSでもご購読できます。

あなたにオススメ